松霖鍋燒始府緣起(日)

  •  

    一つのことに専念

     

    生活の素晴らしさは人と万物のお互いに受容することから歴史は府城から先頭にして、鍋焼きは府城から始まり

    「わが店は一生の匠心を継ぎ、始終その美味しさにこだわり」
    生活の中で鍋焼き意麺から行こう。
    地元に対する熱意を持ち、わが店ではいつも目の前の人や事物などに注目し、新鮮で旬の食材を使って、家庭料理をオリジナルな旨い料理になるように。
    松霖 鍋焼き始府はお客様のため、いつも全力でいろんなことに工夫して、旨味の鍋焼き意麺を作っている。
    我が店は時間を通して、いつも経験を吸収したり、生かしたりしていて、最終的に代わりの出来ない「完璧な成果」に達したことを期待する。
    我が店が追及するのは完美だけではなく、同時に生活や人や事物に対して尊重することだ。
    一つの忘れられない味、一つの地元しかないこだわりだ。
    松霖鍋焼き始府から生活にもっと感動的なことをもたらしてきた。

     

    +

    +

    +

    =

     

    松霖鍋焼き始府は主に「松→松の葉」「霖→甘い雨水」という発想から発展してきたのだ。
    雫が松の葉に落ち、溢れているほど絶えずにさざなみが立っているのは、本当の「松霖」という意味である。

    「松」と「霖」には同時に日が照らしているから、益々強く成長してきた。又、六角形の亀甲から長生きという意味と連結し、「永遠に落ちなく、いつまでも生きている」のように料理の業界の中で深く根がついていること。